賢い退職の切り出し方とは?徹底解説!
2020.06.22掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

ようやく転職先が決まって喜ぶ一方、

現在の職場に対してどのように退職を切り出すべきか迷う人は多いでしょう。

 

報告する人の優先順位や話の内容によっては、

トラブルが起きるかもしれません。

 

円満退社を目指すなら、退職の切り出し方には慎重になるべきです。

 

ここでは、退職の切り出し方について説明します。

 

引き留められた場合の対処法なども紹介しますので、

スマートな退職ができるよう役立ててください。

 

退職の切り出し方は重要?

退職の意思をどのように伝えるかは非常に重要です。

 

まず、話を切り出す時期に気をつけましょう。

 

時期が悪いと、会社が不利益を被る場合があります。

 

会社を去られると重要なプロジェクトに支障が出る、

仕事を引き継げる相手が見つからないとなると、

会社としては退職を延期してもらいたい、

または撤回してもらいたいと考えるでしょう。

 

結果として、退職の交渉が長引きやすくなります。

仮にうまく交渉がまとまらなかったしても、退職届を提出することはできます。

 

ただし、円満退社のためには双方の合意が欠かせません。

 

たとえば、退職時のトラブルにより、

離職票や源泉徴収票などをもらえないことがあります。

 

実際には、これらの書類は退職時に引き渡すよう法律で義務づけられていますが、

不要な争いを避けたほうがよいのは言うまでもありません。

 

また、話し方も重要です。

話し方を間違えると、引き留めに合う可能性が高まるので、

はっきり退職意思を示さないといけません。

 

煮え切らない言い方をすると、

待遇改善を条件に説得される場合があります。

 

退職を控えている間の振舞いも重要です。

うかつに退職する話を匂わせてしまうと、

周囲に噂が広まり、居心地が悪くなるかもしれません。

 

円満退社を目指すために、慎重にプランを練りましょう。

 

 

退職を切り出す相手は?

退職を切り出す相手は直属の上司です。

 

直属の上司に伝えずに、

人事や役職が上の人に伝えるのはおすすめできません。

 

会社組織において、報告する順番は非常に重要です。

 

組織のルールを軽んじると、上司の面子がつぶれてしまいます。

 

また、同僚などには退職が社内で通知されてから報告するようにしましょう。

 

上司に話を切り出すには、アポイントを取る必要があります。

 

口頭でも、電話やメールを使って約束しても問題ありません。

 

なお、アポイントの時点では、

「退職」に関する話であると勘付かれないように注意することが重要です。

 

上司のなかには、部下の退職を多く経験している人もいます。

 

引き留めるための計画を練ってくる人も少なくありません。

 

自分のペースで話をすすめるために、退職の話であると悟られないことが重要です。

 

 

退職を切り出す時期は?

退職を切り出す時期は、退職日の1~2カ月前がよいです。

 

法律では、退職する2週間前に話を切り出せば問題はありませんが、

退職のための書類の準備や業務の引継ぎをするには十分とはいえないでしょう。

 

なお、余裕をもって話を切り出したとしても、

引き留めにあって話がまとまらない場合もあります。

 

その場合は、あとは会社の問題と割り切っても問題ありません。

 

もし、新しい職場への出社が遅れると、転職先に迷惑をかけてしまいます。

 

具体的な退職のタイミングは、

会社と自分への影響を想像すると決めやすいです。

 

たとえば、異動の内示が出されたときです。

 

会社が人材の配置を検討中であるため、

こちらの事情を話すのに適しているといえるでしょう。

 

また、プロジェクトが終了して余裕があるときも、

事業への影響が少ないためおすすめです。

 

自分の都合を考えるなら、

賞与の査定が終わったあとで退職を切り出すのがおすすめです。

 

これから退職をするとなると、査定を下げられる場合があります。

 

なるべく多くお金を得るには、

賞与額が決定されてから退職を切り出しましょう。

 

また、退職してから転職活動をする人もいますが、

資金的な問題を考えると、在職中に転職活動すべきです。

 

経済的に余裕がなくなり、焦って転職先を決めると後悔しかねません。

 

転職先が決まってから、退職を切り出しましょう。

 

 

退職を切り出す場所は?

退職を切り出す場所は、プライバシーが守られる場所を選びましょう。

 

大勢が働いているオフィスでは、誰が話を聞いているかわかりません。

 

真っ先に話を切り出すのは上司であるべきという点からも、

一度に複数の人に聞かれるような報告は避けるべきです。

 

空き会議室や、来客と話をするようなパーテーションで区切ったスペースを用意すると、

社内でもプライバシーが高い環境を確保できるでしょう。

 

なお、喫茶店やレストランなどを予約して話をすることもできますが、

長居できる場所では引き留められるリスクが高まります。

 

スムーズに話を切り上げられるよう、話に集中できる場所を選びましょう。

 

さらに、直接集合することも重要です。

 

オフィスから上司と2人連れ立って移動すると、

敏感な同僚に、退職を勘付かれるかもしれません。

 

アポイントを取る際に時間と場所を伝え、先に待機しておくのが無難です。

 

 

退職を切り出すときの伝え方は?

退職の話は、メールや電話でなく直接口頭で伝えます。

伝え方のポイントを紹介します。

 

落ち着いた態度

必要以上に丁寧な態度になったり、

緊張して落ち着きが無くなったりする人もいますが、

なるべく落ち着きを保つように心がけましょう。

 

日頃と異なる様子を見せるうちに、

退職の話だと上司が勘付く場合があります。

丁寧さを意識するのはいいのですが、

スムーズに本題に入るよう気をつけてください。

 

ポジティブな退職理由

退職理由はポジティブに話しましょう。

すぐ出社しなくなるわけではないので、

待遇や人間関係の不満などは避けましょう。

 

問題点を解決するから退職を撤回しないかと、

引き留めに合う可能性もあります。

 

新しくやりたいことが見つかったなど、

ポジティブな理由を述べるようにしてください。

 

意思が伝わる言い方

しっかり退職の意思が伝わる言い方を選びましょう。

 

「退職の相談があるのですが」というと、

まだ相談だから引き留めは可能だと捉えられる場合があります。

 

また、「退職させていただきたいのですが」など、

断定しない表現では意思の弱さを感じさせます。

 

退職の意思を的確に伝え、交渉が長引くのを防ぎましょう。

 

柔軟な言い方

意思を強く伝えるのは良いのですが、

「この日以降は、絶対出社しません」など、

上司や会社の立場を考えない言い方は避けるべきです。

 

少し退職日を伸ばすなど、

調整可能な範囲であれば柔軟に対応しましょう。

 

もちろん、自分にとってあまりにも不利な条件であれば、

承諾する必要はありません。

 

感謝の言葉

感謝の言葉でしめくくりましょう。

 

これまで見守り、育ててくれた上司に素直に感謝を伝えます。

 

ただし、あまり長くなると引き留められるかもしれないと判断されるケースもあるので、

手短にまとめるよう心がけましょう。

 

 

退職を切り出して引き留められた場合は?

退職を切り出しても、引き留められる場合もあります。

 

さまざまなパターンについて、対処法を紹介します。

 

どうしても話がまとまらない場合は、さらに上野役職や人事に相談しましょう。

 

昇給や昇格を提案される

その場しのぎで提案している可能性もあるので、

真に受けないようにしましょう。

 

特に、給与にかかわる案件、

ほかの部門への異動など上司に決定権がない内容は要注意です。

 

また、会社に残ったとしても、

一度は退職を考えた人間とみなされる可能性が高いです。

 

簡単に応じないようにしましょう。

 

後任がいないと言われる

余裕をもって退職の意思を伝えているのであれば、

必要以上に気にする必要はありません。

 

従業員の退職により事業がうまくいかないのは、会社にも責任があります。

 

会社のマネジメント能力の問題ととらえ、

退職の意思を曲げないようにしましょう。

 

引継ぎを心配される

引継ぎマニュアルを用意し、

具体的な引継ぎスケジュールを考えておくとスムーズに話が進みやすいです。

 

ただし、くれぐれも上司に報告する前に、

引継ぎ相手に退職の話をしないようにしましょう。

 

情に訴えかけられる

情に訴えかけられたぐらいで退職を辞める程度なら、

覚悟が足りないと言ってよいでしょう。

 

上司や会社の立場としては、

退職者を出さずにすみ万々歳かもしれませんが自分はどうでしょうか。

 

退職を撤回しても、これまで通りに職場で働けるとは限りません。

 

腫れ物に触るように扱われるかもしれず、仕事に影響するケースもあるでしょう。

 

また、やりたかった仕事をチャンスを棒に振ることになり、

転職先に迷惑をかけることにもなります。

 

モラハラやパワハラを受ける

人格を否定されるような言い方で引き留められる場合もあります。

 

「お前なんて、どこでもやっていけない」、

「ここまで育ててやったのに、退職するなど許さない」

などの言い方をされても真剣に向き合わないようにしましょう。

 

もし、会社全体がモラハラ・パワハラ気質なら、

労働基準局など外部施設に相談するという方法もあります。

 

 

退職を切り出す際の注意点は?

退職を切り出す際の注意点として重要な点をいくつか説明します。

 

以下に述べる注意点を踏まえると、よりスムーズに退職の話を進めやすくなります。

 

引き留められても折れないよう心構えができたら、いよいよ退職の話を切り出しましょう。

 

まずは上司に話す

上司との折り合いの悪さが転職の原因でも、まずは上司に報告すべきです。

 

話す順番を間違えると、組織のルールを軽んじていると見なされるばかりか、

 

社内で情報が錯綜して話がこじれる場合もあります。

 

交渉をスムーズに進めるためにも、まずは上司に相談しましょう。

 

話すタイミングを選ぶ

アポイントを取らずに、

自分でタイミングを見計らって上司に退職の意思を伝えようと考える人もいるでしょう。

 

おすすめなのは、就業後です。

 

ほかにも、休憩中など仕事が立て込んでいないときが狙い目といえるでしょう。

 

また、雑談の延長で退職の話をしてはいけません。

 

雑談の中でいきなり退職の意思を伝えても、真剣さが伝わるでしょうか。

 

受け流されたり、冗談と捉えられたりする場合もあります。

 

必ず、あらたまった場をもうけ、退職の意思を伝えましょう。

 

退職日をどこまで調整できるか把握しておく

退職日を延長してもらえないかお願いされる場合もあります。

 

あらかじめ調整可能な範囲がわかっていれば、その場で話をまとめられてスムーズです。

 

言いにくいことは濁す

競合他社へ転職する場合など、言いにくい内容もあるでしょう。

 

下手に正直に打ち明けても、秘密保持の問題などで話が長びく可能性があります。

 

転職先を明確にする必要はありません。聞かれても、言葉を濁して対応しましょう。

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

転職を考えたときに必ず発生する退職。

スムーズに行う事で、気持ちよく新たな一歩を踏み出しましょう。

 

また、弊社では無料の職業相談・職業紹介を行っております!!

具体的には、

●あなたのご希望を私たちがお探しします!
豊富な求人データから専任のコンサルタントがあなたのキャリアやご希望をふまえ、勤務内容・勤務地・就業時間・期間・給与などご希望のお仕事をご紹介します。

●こちらの求人の面接日の調整や条件の交渉、お仕事開始まで、徹底的にサポート致します! 就業開始前の不安はもちろん、就業後のお困りごとも当社のスタッフがしっかりとフォロー致します!

●お仕事のご紹介や、ご相談に、料金は一切かかりませんので、ご安心下さい。

●まずは見学してみたい!気になる企業があって詳細が聞きたい!など、お気軽にお問い合わせください。